緋色のアリエル 第5話 裏庭

 朝を告げる小鳥のさえずりで、アリエルは目を覚ました。
 まだ昇りきっていない朝日の薄明かりの中で、最初に目に入ったのは馴染みのない木目の天井。それから、麦わらの香ばしいにおいが鼻に届く。
 アリエルはもそりと体を起こし、そのままぼんやりと窓から空を眺めた。空の色も、見慣れた田舎の色とは何か違う。
 それらを眺めるうちに、一昨日、昨日と自分のしたことを思い出してきた。ここは玉都のレオナルドの薬屋で、自分はここの手伝いをすることにしたのだ。
 アリエルはベッドの隣に置かれたチェストを見た。三段の引き出しにはまだほとんど物は入っていない。その上には真新しい置き時計が、現在六時半過ぎであることを示している。
 この時計は昨日レオナルドが買ってくれた物だ。木製の土台の縁に小さな花の透かし彫りがされているもので、レオナルドがアリエルに薦めてくれたものだ。そして、その値段がアリエルの予想よりほんの少し高かったことに目玉が飛び出しそうだったことも思い出した。
 その時のやりとりを頭の中で再生して、アリエルは自然と頬が緩んだ。レオナルドは見た目は子供でも、しっかり中身は、成人男性だった。

 昨日の出来事にふけっていたアリエルを現実に連れ戻したのは、家の外から聞こえてきたボーイソプラノの絶叫だった。
「今の、レオさんの声よね?」
 何かあったのだろうかと、アリエルは様子を覗いに窓に手をかけた。しかし、アリエルの部屋から見える範囲にレオナルドの姿はない。
 アリエルは上着を引っ掴むと裏庭に向かった。

 裏庭に出ると、レオナルドが物置の扉の前に立ち尽くしていた。扉は放置されていたので、昨日クララがへし折ったままになっている。
 さくりと芝を踏むアリエルの足音に気づいて、レオナルドがぎこちなく振り返った。顔が引きつっている。
「説明、できるか?」
「ああ、忘れていたわ。それ、昨日クララがやったの。そういえばクララは『レオが直す』って言ってたわね」
「ならそうと、せめて壊した、と報告くらいして欲しかった」
「いろいろあったから、うっかりしていたわ。ごめんなさい」
「いや、お前はいいよ。悪いのはクララ様だ」
 諦めたようにため息をつくと、レオナルドは開けっ放しにされた物置の中からチョークをつまみ取り出した。
「クララってお嬢様だと思ったんだけど、結構お転婆さんなのね」
 びっくりしたとアリエルが言うと、レオナルドはこめかみを押さえた。
「確かにあの方は『お嬢様』ではないが……何を考えていらっしゃるんだ」
 木戸の折れたパーツをパズルのように元の形に地べたに並べ、隣り合った物に丸や三角といった同じ記号をチョークで書き込んでいく。全てのパーツに書き終わると、レオナルドは手をかざした。
 一瞬光ったかと思うと、にょきにょきと木戸の割れ目がふさがっていく。
 アリエルはその様子をじっと見つめ、ふと周りが気になった。
「レオさん、誰に見られているか分からない庭なんかで魔法使って、大丈夫なの?」
 この場所は確かに植物の陰にはなっているようだが、表の通りや家の間を縫う路地から全く見えないということはない。隣の家の二階なんかからは丸見えだ。
「大丈夫だ、この空間には魔法をかけてあるからな」
 レオナルドが指さした方を見れば、庭の隅に生えた木の幹に何か模様が刻み込んである。
「あの陣がこの庭の四隅に書いてある。その効果の中に目くらましの術も入っている。外からこの庭をただ見ただけなら、あまり手入れのされていない芝生しかない庭に見えるはずだ」
 昨日アリエルが表から見た時には、裏庭に生えた大木や温室に気づかなかったわけである。
「すごいわ! 他にはどんな効果があるの?」
「空間の圧縮、それから転移だな。今は裏庭に直結するようにしてあるが、必要に応じて遠くの場所に繋がるようにも変えられる。あとはこの庭の潮風の制御や天気の微調整なんかもしている。さすがに雨を完全に防ぐなんてことまではしてないけどな」
「そんなこともできるの!」
 アリエルはぽかんと口を開けた。
 そんな話をしているうちに、木戸の割れ目はすっかりふさがり元通りになった。
 レオナルドがふーっと息を吐き出す。
「魔法を式に練り込みさえすれば、あとは陣が自動的に発動してくれるからな。結構応用は利くぞ」
「魔法ってやっぱり便利よねえ。なんでみんな嫌うのかしら」
 アリエルは腕を組んで眉をしかめた。
 レオナルドは困ったように笑って、木戸のあちこちをこづいた。音を聞いて直しそびれたところがないか確かめているようだ。
「魔法をっていうより、魔女を、だな。現に王宮では宮廷魔術師って呼び名を変えて迎え入れようなんて話もあるようだし。よし、直ったな」
 レオナルドは腕を一杯に広げて戸を抱えると、よっこいせっと持ち上げようとした。
 やおら、バランスを崩して戸ごと前につんのめった。小さな体では、持ち上げるのもままならないらしい。
 レオナルドはじとっとした目で戸を睨むと、そのままの姿勢で声を絞り出した。
「アリエル、非常に屈辱なんだが、力仕事で悪いんだが……戸をはめてくれ」
「わかったわ」
 乾いた木戸は思ったよりも軽く、アリエルの力でもすんなりと物置の扉にはめ込むことができた。レオナルドが持ち上げられなかったのは、重さよりむしろ大きさのせいだったようだ。
 元通りになった木戸に手をかけたレオナルドの目が、悔しそうに細められた。やはり中身が成人男性なので、忸怩じくじたる思いがあるようだ。
「ふう……しかし、こうしてみると、クララ様がさっさとアリエルに俺が魔女だとバラしてくれて助かったかもしれん。魔法を使うたびにコソコソするんじゃ、どうせいつかバレる」
 木戸がきちんと動くことを確かめると、レオナルドは物置からじょうろを取り出した。
「さて、せっかく起きてきたんだ、水やりでも手伝ってくれ。出来れば毎日」
「毎朝の日課?」
「そうだ」
「わかったわ。毎日早起きできるよう頑張る」
 アリエルはぐっと両手を拳にした。
 レオナルドは少し不安げに微笑み「頼むよ」と呟くとアリエルにじょうろを手渡した。自分ももう一つじょうろを取り出すと、そのまま茂みの方へ歩き出す。
「足下、薬草を踏まないようにな」
 地に這う植物を踏まないよう気を付けながら付いて行くと、手押しポンプ付きの井戸が大木の陰から現れた。
「何でもあるのね」
「いろいろ詰め込んだからな」
 レオナルドはじょうろを吐水口の下に置き、ポンプを漕いだ。冷たい透明な水が流れ落ちる。
「地下水? そういえば、キッチンの水もそうだったかしら」
「そうだ。あのウェール山からの湧水だそうだ。これがあるから、玉都は古くから栄えていたらしい」
 アリエルはしばらく流れる水を見つめた。
「へえ、とても綺麗な水ね。それで、どの植物にどのくらいお水あげればいいの?」
「そうだな、まずはこっちの列から始めるか」
 レオナルドは井戸の一番近に並べられた鉢植えの列を指さした。



「……とまあ、毎日の手入れはこんなところだ」
 外に並んでいた鉢植えから始まり、今はふたりでガラス張りの温室中の植物を手入れして回っていた。
 温室の中はレオナルドの魔法で気温、湿度が高く保たれており、アリエルは着ていた上着を脱いで袖まくりまでしていた。少し動くと汗が噴き出してくるのだ。
 アリエルは熱っぽい息を小さく吐くと地面に座り込み、近くにあった植物の大きな楕円形の葉をなでた。この植物はミューサというのだと、先ほどレオナルドから教わったばかりだ。
「外の方は知ってる薬草も結構あったから大丈夫だと思うけど、こっちは見たことない植物ばっかりだわ。手入れの仕方を間違えちゃったらごめんね」
「それで問題が発生した時には、責任取って労働期間延長っていうことで」
「あー、うちに帰らなくてすむなら、願ったり叶ったりだわ」
「おいおい、勘弁してくれよ」
 レオナルドは小さく笑って上を見上げた。
 温室はガラス張りになっているので、日がだいぶ昇っているのが見える。
「冗談はさておき、そろそろ朝飯にするか。その後に洗濯物だな」
「朝から重労働ね」
「生活するって、そういうことだろう? まあ、今日は大物は無いから安心しろ」
「大物がある日も、あるってことね」
「ま、いずれな」
 そう言って、レオナルドは温室から出ていった。
 アリエルも慌ててそれを追いかけていった。