かみさま的日常風景。 桃饅を食む。

「幽王、妾はヒマじゃ」
 幽王の室に押しかけるなり当たり前のように長椅子に寝転がり、足をばたばたとさせる。彼女の名は彩王。
 その幼く愛らしい外見と子どもっぽい仕草とは裏腹に、彼女はこの天界とその下に属するいくつかの世界を統べる二柱の神王のひとりである。
 幽王は闖入者に一瞥も向けず、仕事机で書簡に目を通している。
「そうですか、私はヒマではありません」
 彼もまた天界といくつかの属界を統べる二柱の神王の片割れである。
 子どもっぽく活力に満ちた彩王とは対照的に、幽王は涼やかとも生気がないともとれる美貌の青年だ。
 伏し目がちな横顔、すらりと筆を運ぶその仕草。そのなんとも言えない色気に並の女性ならばたちまち目を奪われてしまうだろう。
 しかし、彩王はそうはならない。過ぎた年月を数えるのが馬鹿馬鹿しくなるほどの時を共に過ごしてきたのだ。
「しかし妾はヒマなのじゃ」
 長椅子の上でだらりと四肢を放り投げる。
「貴女も本当はヒマではないと思うのですが」
 幽王は堪りかねて、ちらりと見やる。
「いつもと同じ書簡にいつもと同じ判を押すなど、寝る前に舟を漕ぎながらやるくらいでちょうど良い」
 相変わらず彩王はだらりとしている。
 どうしたものかと幽王が眉間を揉んでいると、室の扉の向こうから遠慮がちに入室を求める声がした。
 幽王が入室を許可すると、覇気のない女官がお茶を手にしずしずと入ってきた。
「彩王様がいらしているようでしたので、お茶をお持ちいたしました」
 長椅子脇の机に置かれた盆には、茶器の他に桃饅がやわらかな湯気をたてていた。
「おお! 髄晶宮の女官は気が利くのう!」
 女官が茶の支度を調える間も待てないのか、彩王はさっそく桃饅をむんずとつかむと頬張った。
 口をいっぱいにして満足そうに咀嚼する彩王を見て、幽王はまた眉間を揉んだ。
「貴女の宮の女官も、命じればお茶の用意くらいしてくれるでしょう」
「錦華宮の者達は、いささか賑やかすぎるのじゃ」
 淹れたてのお茶をずずーっと音を立てて飲み、また桃饅に手を伸ばす。
 女官はもう一膳お茶を淹れると幽王の仕事机の上に置き、そのまま音もなく退出していった。
「まあ、この宮はこの宮で静かすぎる気もするのう。足して二で割ったらちょうど良い」
 女官が出て行った後の扉をじっと見つめて彩王が言う。
「そういう訳にもいきませんよ」
 さして興味もなさそうに幽王は書簡をめくる。
 錦華宮と髄晶宮、二つの宮の雰囲気の違いは主である彩王と幽王の司るものの違いによるものである。
 彩王は陰陽の陽、生死の生、そして昼を司る神であり、幽王は陰陽の陰、生死の死、そして夜を司る神である。真逆の性質を司る二柱一対の神だ。
 そのため、実際に二つの宮を足して二で割ったなら、相反する性質のものがぶつかり合い、混ざり合うことが出来ずに天変地異を起こしてしまう。それは彩王もわかっていることだ。
 しかし、変化を好む陽の神である彩王にとって、変化のない賑やかさはやはりつまらないものだった。だから変化を求めて、あえて静かな陰の宮殿にやってくる。そして、幽王相手に一騒ぎしたら華やかな陽の宮殿に帰るのである。
 幽王もそれをわかっていて、陰の神らしく静かにそれを受け入れるのだった。

 しばらく長椅子の上で足をぶらぶらさせていた彩王は、おもむろに立ち上がり「帰る」と宣言すると窓から飛び出していった。
「嫁入り前の娘がはしたないですよ」
 元気よく雪の庭に降り立った彩王に、幽王はため息をつく。
「我らに嫁入りも婿入りもあるものか」
 彩王は意に介さぬように、走り去っていった。
 その小さな背中を見送り、幽王はすっかり冷めてしまったお茶をすすった。それから桃饅のせいろに手を伸ばしかけて、はたと手を止めた。
「彩王……あやつ、私の分も食べたな……」
 幽王はがっくりと椅子に座り、先ほどよりも少しだけしょんぼりして再び書簡に目を通し始めた。